2週間 引越し

2週間で引越し!安い引越し業者を探す方法

2週間 引越し

短期間 引越し

急な 引越し

短期 引越し

14日 引越し

 

引越しまでに2週間しかない!と言う方、実は少なくないんです。
急に転勤が決まり、寝耳に水の状態から引越し作業に入ります。

 

何から手をつければいいかわからないけど、引越し業者は安い方がいいですよね?

 

2週間という短期間に、安くていい引越し業者を探すには引越し業者一括見積もりがピッタリです!

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

新居が決まったらすぐに、引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

引越し業者はたくさんありますが、安い業者はわかりません。

 

でも、一つ一つの会社に連絡して見積もりを取るのは時間もありません。

 

スピード、料金、きちんと比較して、少しでもお得に引越ししてくださいね!

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの時期と引越しの費用

 

引越し費用

 

引越しには1年で一番忙しい繁忙期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べて引越し料金が高めに設定されています。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に新天地にむけて引越しします。
さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

1年で一番忙しい繁忙期は3月なのです。

 

引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないことも。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてこともあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者高い業者はあります。
比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの工程

 

引越し工程

 

引越しにはいろいろな工程があります。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

このような感じになります。
普通ならゆっくり行う引越しの準備ですが、2週間で引越しとなると同時進行が多くなりますね。

 

とにかく引越し業者に見積もりを取って比較し、契約をしましょう。
荷物を捨てたりあげたりする余裕があればいいのですが、無理なら有料で引越し業者に処分してもらうか新居に持っていくしかありません。
市外引越しならとにかく転出届を出しましょう。
電気・ガス・水道・ネット・郵便局などへの連絡も同時期になるので、忙しいですが一気にやってしまいましょう。

 

引越ししてしまえば、あとはゆっくり梱包しつつ、役所や警察署での手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しのあいさつと範囲

 

引越し挨拶

 

引越ししましたら、ご近所へ挨拶に行きましょう。
一軒家なら特にそこに長く住む可能性が高いですから、ご近所付き合いは欠かせませんし第一印象は大切ですから必ず行きましょう。

 

マンションやアパートでも、周囲にどんな人が住んでいるのか知っておいたほうが安心です。
それに生活音はお互い気になりますから、顔見せの意味でも挨拶はしておきましょう。
ではどのタイミングで挨拶に行けばいいのでしょう?

 

引越し当日か遅くても翌日に行くのが一般的なのだそうです。
意外と早くて、驚きませんか?

 

もっと落ち着いてから行くつもりだった・・・という方もいると思いますが、後になればなるほどタイミングを逃します。
挨拶に行く前に、廊下や階段、駐車場、道路などでバッタリ住民に会ってしまう可能性が高いからです。

 

挨拶に行く前に顔を合わせると今さらな感じになって挨拶に行きにくくなります。

 

ではどこのお宅に挨拶すればいいのでしょうか?

 

一軒家なら向こう3軒両隣の計5軒、マンションやアパートなら自室の上下左右の部屋にあいさつに行きましょう。
他にも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどが近くにお住いの場合はご挨拶しておくといいですね。

 

では手土産はどうでしょう?

 

もちろん手ぶらで行く方もいます。
しかしお互いに初対面ですから手土産はあったほうが行きやすいです。
高価なものは必要ありません。
500円程度のお菓子やお茶、コーヒー、タオル、洗剤などの消耗品を持って行くのがオススメです。

 

 

引越し業者のオプションサービス

 

2週間 引越し オプション

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計となります。
このオプションというのは、引越しをする人全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションで依頼が多いのはエアコンの取り外しと設置です。

 

エアコンの移設は配管が複雑なため素人ではできませんし、自分で電気業者に連絡する手間と費用がかかります。
しかし引越し業者にオプションとして依頼しておけば、同じくらいの費用でエアコン移設を行ってくれる専門の業者を手配してくれるので便利なのです。

 

引越しの際には新居と旧居の2カ所を大掃除する必要があります。
体力的にも時間的にも厳しいときは、オプションでハウスクリーニングを依頼することが出来ます。
入居前にプロの掃除を依頼するのもいいかと思います。

 

そうそう、虫が苦手な方は家具を運び入れる前に、ついでに害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

 

一括見積もりと訪問見積もり

 

引越し 訪問見積もり

 

引越しをする場合は最初に引越し業者に見積もりを取る必要がありますね。

 

最近はネットでの一括見積もりがメジャーになってきましたね。

 

しかしちょっと昔は、まず引越し会社に電話をして見積もり担当者に家まで見に来てもらって、費用の査定を依頼する「訪問見積もり」が主流でした。

 

当然ネットのほうが簡単ではありますが、やはり一度来てもらう訪問見積もりは金額が正確です。
引越しの当日になって、問題が発生したり、追加料金がかかるトラブルが少ないです。

 

荷物が多くてダンボールの数が想像つかない方や、大きな家具家電がある方、物件に狭い箇所がある方など心配な方は、できるだけ訪問見積もりを予定しておくとトラブルの回避になります。

 

しかし相手はプロの営業さんですから、無理矢理に即日契約をさせられてしまうんじゃないかとか、ダンボールを置いて帰ってしまうなど心配なこともありますね。

 

それは押し売り行為になりますので、引越し業者はクーリングオフに応じなければなりません。
意に沿わない契約は解約できますし、ダンボールは使わなければ返品できます。

 

引越し業者は相手の雰囲気も大事ですから、感じの良い引っ越し業者と契約したいですよね。

 

 

小さいお子さんがいる時の引越し

 

小さい子引越し

 

 

お子さんが小さいと思うように荷造りができませんね。
ダンボールにボンボン詰め込んでいきたいけれどおもちゃや絵本は入れさせてくれないなんて話もよく聞きます。

 

まずは普段使わないものからどんどんダンボールに詰めていきましょう。
引越しの準備期間も普通の倍くらいかけて余裕を持って準備していくことです。お昼寝の時にちょっとずつすすめておくといいですね。

 

でもどうしても荷造りが間に合わない時は、引越し業者に連絡してらくらくパックなどを利用するといいですね。
らくらくパックとは荷造りから荷解きまでやってもらえるサービスです。追加料金がかかりますが、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には大変好評なサービスです。
当日まで何もしなくていいと気軽さから、妊婦さんや忙しいサラリーマン、共働きの方まで多くの方に利用されています。あなたは貴重品とお子さんのお気に入りのおもちゃなどだけ管理して、あとはどこに何を置くか指示するだけ引越しできますよ。

 

小さいお子さんがいると引越しの作業は通常の引越しの倍くらい時間がかかると思って、早めに準備をしましょう。
よく使うものだけを最後にして、それ以外のものはどんどん梱包してください。食器は1つ1つ新聞紙や緩衝剤にくるむなど手間がかかりますので、お子さんが幼稚園やに行っている間やお昼寝の間など邪魔をされない時間に終わらせましょう。

 

衣類も季節外れのものからどんどん梱包していきましょう。
絵本やおもちゃもさっさと梱包したいところですがそういう時に限ってあのおもちゃで遊びたいなどというものですから、お子さんのおもちゃはあまり仕舞い込みすぎないようにしておいたほうが、お互いストレスが少ないです。

 

気をつけないといけないのは、お子さんの体調です。
引越しという環境の変化を敏感に感じ取って熱を出すお子さんも少なくありません。 
引越し作業のどさくさに紛れて保険証が見つからないなどのトラブルもあります。大事なものは引越し業者にまかせっきりにせず、自分管理にしておいてくださいね。

 

引越し当日はできればお子さんはいない方が安全ですので、実家に預ける、友達に数時間みてもらう、一時保育を手配する、ファミリーサポートを利用するなど何とか預け先を探してみましょう。

 

大きな家具が動きますし、トラックもあります。大人も引越し作業でヘトヘトになので注意散漫です。
そんな中で小さなお子さんがチョロチョロしていても、安全を約束できません。

 

それでも誰にもお子さんをみてもらえない場合は夫婦どちらかが引越し作業、どちらかが保育を担当し、家具の配置を紙にメモしたりダンボールに置き場所を書いたりと効率よい方法を探してみてはいかがでしょう?

 

 

お子さんが小さいと思うように荷造りができませんね。ダンボールにボンボン詰め込んでいきたいけれどおもちゃや絵本は入れさせてくれないなんて話もよく聞きます。まずは普段使わないものからどんどんダンボールに詰めていきましょう。引越しの準備期間も普通の倍くらいかけて余裕を持って準備していくことです。お昼寝の時にちょっとずつすすめておくといいですね。
でもどうしても荷造りが間に合わない時は、引越し業者に連絡してらくらくパックなどを利用するといいですね。らくらくパックとは荷造りから荷解きまでやってもらえるサービスです。追加料金がかかりますが、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には大変好評なサービスです。当日まで何もしなくていいと気軽さから、妊婦さんや忙しいサラリーマン、共働きの方まで多くの方に利用されています。あなたは貴重品とお子さんのお気に入りのおもちゃなどだけ管理して、あとはどこに何を置くか指示するだけ引越しできますよ。